らくご@座・イイノホール

会場 イイノホール

2018.2.10(土)

左祭(ひだりまつり)
~左甚五郎一代記~



左甚五郎(ひだりじんごろう)
一五九四年生~一六五一年没(享年五十八歳)

「日光東照宮・眠り猫」を始め、
全国各地に甚五郎作と伝わる名作を残す
実在か幻か・・・
通説多彩に語り継がれる伝説的名工です

甚五郎が歩んだ波乱万丈な人生を
講談、落語、浪曲と
当代の至芸織り交ぜて辿る試み

「左利きの日」(0210→レフト)に
左寄り甚だしい、甚五郎づくしと相成りました



〈番組〉
甚五郎出生~旅立ち 神田松之丞
三井の大黒     柳家三三
甚五郎、その愛   神田松之丞(影MC
掛川宿       玉川奈々福(曲師:沢村豊子)
仲入り
偽甚五郎      柳家喬太郎
3分でわかる甚五郎 LIFE HISTORY
          神田松之丞(影MC)
陽明門の間違い   神田愛山
                    
(三味線:千葉しん)

らくご@座・高円寺

会場 座・高円寺2

2018.3.13(火)

一之輔・天どん
ふたりがかりの会
新作江戸噺十二ヶ月(笑)
べすとばん2



江戸が舞台で季節を感じる新作落語を
一之輔・天どんのふたりが
十二ヶ月分、計十二席を創作して
ネタおろししました。

そこから、さらに磨きをかけて披露するのが
この「べすとばん」。

初演から大きく変わったり、小さく変わったり
ネタおろしからは当然のごとく変わる
新作江戸噺がまた姿を現しました。


(天どん「ひとり相撲」まさかの混乱で
ひとり相撲になったりしつつ~!?)

この「べすとばん」、あと少し続きます!


〈番組〉
ごあいさつ
ひとり相撲     三遊亭天どん
吟味婆       春風亭一之輔
仲入り
長屋の雪見     春風亭一之輔
つゆ待ち傘     三遊亭天どん

(三味線:千葉しん)

らくご@座・紀尾井小ホール

会場 紀尾井小ホール

2018.3.15(木)

玉川奈々福
喬太郎アニさんをうならせたい



浪曲界を引っ張るアネゴ玉川奈々福が
リスペクトする柳家喬太郎を
いろんな意味で「うならせたい!」と
奮闘するチャレンジ公演
   〇
今回はなんと演劇界に金字塔を打ち立てた
つかこうへい「熱海殺人事件」を
奈々福が全身全霊で浪曲化。
   〇
つか作品に多大な影響を受け
ひとかたならぬ親愛を抱く喬太郎は
この挑戦にニンマリ。
そして「あそこの部分はこうだ!」と
こだわりのダメ出しも。
   〇
そして喬太郎は「心眼」で
夫婦の心情ウラオモテを奥深く描き、
さらに刺激を受けた奈々福は「仙台の鬼夫婦」で
夫婦の在り方をうねり返しました。
   〇

奈々福「浪曲版熱海、いつかフルバージョンを!」と
決意を新たにした一夜。
今夜の評価、限りなく身の詰まった
「うな」ひとつとなりました!



〈番組〉
ごあいさつ
浪曲版 熱海殺人事件 
     玉川奈々福 曲師:沢村美舟
心眼   柳家喬太郎
仲入り
仙台の鬼夫婦
     玉川奈々福 曲師:沢村美舟

らくご@座・紀伊國屋ホール

会場 紀伊國屋ホール

2018.5.1(火)

白鳥・三三 両極端の会 vol.12



気づけば10年目、通算12回の
両極端となりました。
ざっくりと年に一度のペースで
ここだけの両極端な熱を大放射。
   〇
今回の宿題は、
白鳥→三三「おれ以外の新作を稽古つけてもらってきて」
三三→白鳥「架空の生物が活躍する噺を」
   〇
髪型ツーブロックでさっぱりした白鳥さん
「のれん分け」という言葉が
落語に出てくるかどうかでのけぞりつつ・・・
   〇
三三さんは林家彦いち・作「掛け声指南」。
タイ人キャラのムアンチャイを演じ切り
長年の持ちネタのようなしっくり感。
   〇
そして白鳥さんは丁の目の半次が名乗る
古典「らくだ」からの魔界転生な大展開。
客席参加も盛り込んでたっぷり50分。
   〇
やりきってひと言、
「昨日の酒が抜けた。落語は体にいいね」で
脱力大笑いでした。
   〇
そして次回開催は来年春。
気になる宿題は、
白鳥→三三「古典から始まって新作になる噺を」
三三→白鳥「実在の人物が活躍する噺を」

ふたりの新しい扉が開く両極端の会、
またのご贔屓をよろしくお願いします。


〈番組〉
両極端トーク
掛け声指南  柳家三三
仲入り
死霊のらくだ 三遊亭白鳥
エンディングトーク