らくご@座・高円寺

会場 座・高円寺2

2017.1.25(水)

文蔵よ永遠(とわ)に
白鳥・遊雀の忘れたくない
襲名裏話



2016年秋、三代目・橘家文蔵が誕生
襲名の準備、挨拶、披露パーティー
そして50日に渡る襲名披露興行の
裏話をベスト10形式でたっぷりトーク。
       〇
シークレットゲストのY・Kは
公私に渡って文蔵襲名をフォローした
番頭役の柳家喬之助。
文蔵&喬之助が微細にあかした襲名の裏側は
まさかの早とちりや、まさかのしくじりに満ちた
やはり「文蔵!」な日々だったのでした。


<番組>
十徳    遊雀
新あたま山~文蔵編~ 白鳥
寝床    文蔵
仲入り
忘れたくない襲名裏話ベスト10
      文蔵 喬之助 白鳥 遊雀

らくご@座・高円寺

会場 座・高円寺2

2017.2.2(木)

一之輔・天どん
ふたりがかりの会
新作江戸噺十二ヶ月(笑)5


江戸が舞台の新作落語を
季節感を醸しながら作っていく企画、
その5回目。
口を開くと自虐トークになりがちな天どんは
今回から「自虐NG」モードに。
すると二人のトークがいつもより軽快テンポに(笑)
   ○
そして新作江戸噺、
一之輔は「初午」の時期に
子どもたちが手習いを始める風習にちなんで
なぜか大人の権助が読み書きに目覚める「手習い権助」
    〇
天どんはこの時期に、長崎からオランダ人が
江戸へ「参府」する行事を題材に
吉原に行ってみたいと願うオランダ人が
巻き起こすひと騒動、
明烏ならぬ「サギ烏(がらす)」
    ○
「新作江戸噺」はこれで通算十席が誕生。
次は7/5開催、これでいよいよ完結編です。



<番組>
すこしトーク
節分のオニ  天どん
手習い権助  一之輔
仲入り
明烏     一之輔
サギ烏    天どん
エンディングトーク

らくご@座・紀伊國屋

会場 紀伊國屋ホール

2017.3.29(水)

白鳥・三三 両極端の会 vol.11



芸風がまったく異なる二人のパラレル&ミラクル
恒例の宿題企画は
今回からダブル宿題システム発進。
    ▼
白鳥 「三三への宿題は、
    おれの新作から落語家が主人公の噺だぞ」
三三 「白鳥アニさんへの宿題は、
    文七元結をテーマにした噺ですからね」
    ▼
前半は白鳥さんが
女性噺家用にと女性目線で作り替えた
「文七元結」をたっぷり。
後半は三三さんが白鳥新作から
ニセ柳川柳(!)師匠が大活躍する
寄席興行騒動記で落語界ネタ連発。
両極端の会ならではの高座で喝采となりました。
    ▼
次回は来年春の開催予定。
宿題は年が明けてから発表いたします。



<番組>
両極端トーク
女性版文七元結  白鳥
仲入り
天使がバスで降りた寄席  三三
エンディングトーク

らくご@座・紀尾井小ホール

会場 紀尾井小ホール

2017.4.28(金)

柳家小満んを
扇辰・喬太郎がふたり占め


小満ん師匠の口演台本を冊子化した
速記集「てきすと」
2月に24巻迄刊行され、
第一期ゴールとなりました。
    ▽
「てきすと」は江戸通にして森羅万象に博識な
小満ん師匠ならではの
豊かな語彙、妙句、含蓄が満載され、
おなじみの演目にも新たな発見や味わいがあり、
また、珍しい演目も数々掲載された
意義深い速記集です。
    ▽
そのひと区切りを祝しつつの一夜。
鼎談では「てきすと」の「噺」から
扇辰・喬太郎の両師匠が公開質問。
小満ん師匠をふたり占めして「離さない」
ひとときでした。
    ▽
小満ん師匠にお聞きした「噺の話」は・・・
「雁風呂」
「麻のれん」
「館林」
「あちたりこちたり」
「居残り佐平次」
「明烏」

お時間いっぱいで、またの機会をお楽しみに。
「てきすと」第二期は今秋スタートです。


<番組>
たらちね  辰のこ
野ざらし  扇辰
宗漢    喬太郎
雁風呂   小満ん
仲入り
鼎談「噺の話で離さない」