らくご@座・紀尾井小ホール

会場 紀尾井小ホール

2024.4.5(金)

玉川奈々福 喬太郎アニさんにふられたいっ!
第二幕御題「神社仏閣」





毎回、喬太郎アニさんから
課される御題を受けて、
奈々福さんは新作を
喬太郎アニさんはまつわる一席を
それぞれ披露するコラボ企画。
第二幕御題は「神社仏閣」
   ◎
奈々福さんは実際に体験した
山形・出羽三山での山伏修行を題材に
リアルからファンタジーワールドへ
浪花節源流遡上体験の一席。
またもや新たな扉を開きました。
   ◎
喬太郎アニさんは持ちネタの中でも
めったに高座にかからない「蒟蒻問答」を
軽快なテンポで披露。
2~3年ぶりにかけたとか。

   ◎
さらに後半もひとつ「寺」つながり
悪党茶坊主・河内山宗俊を
奈々福さんが繰り出して
全編で御題堪能の会となりました。
   ◎
神社仏閣マニアな美舟さんの横顔も発覚。
好きすぎるものを語ると周りは引く
そんな真理をしみじみ確かめた
喬太郎アニさんでした。




〈番組〉

おずのおんつぁま 奈々福 美舟
つなぎトーク
蒟蒻問答     喬太郎
 仲入り
天保六歌撰 上州屋玄関先 奈々福 美舟
エンディングトーク



らくご@座・紀伊國屋ホール

会場 紀伊國屋ホール

2024.5.5(日)

白鳥・三三 両極端の会 vol.18







お互いに宿題を出しあって
高座に挑むこの会、
今回の宿題は・・・
   ◎
白鳥『三三への宿題は、三三が好きな
マンガや映画を題材にした噺を作ってね!」
   ◎
三三『白鳥アニさんへの宿題は
ワクワクする学園ものの
落語を作ってくださ~い!』
    ◎
三三師匠はVHSビデオを
擦り切れるほど観ていたという
「バックトゥザフューチャー」に
インスパイアを受けての「宮戸川」へ
オリジナルのツボをしっかり押さえつつ
こみいった物語を小気味よく展開。

異次元スペクタクルな「宮戸川」の
行方は??? と思いきや
さらなるワールドが立ち現れるという
劇的入れ子構造にびっくり&大笑い。
三三版新作の新たな扉は
語り芸の高みへといざなう快作でした。
   ◎
白鳥師匠は自身が切り開いてきた十八番
ラクゴキャラ実名ファンタジーで
近未来異世界ワールドへ。
この会に集いがちな
落語(かなり好き系)ファンの
期待の上の上を爆走。
なつかし学園ドラマの名場面が
笑いと感涙に塗り替えられました。
   ◎
両師匠ともこの会ならではの
フリーダムな創作魂を開放しまくった
ゴールデンウィーク開催でした。





〈番組〉

オープニングトーク   白鳥 三三
バックトゥザ半ちゃん  三三
 仲入り
3年B組はん爺先生!  白鳥
エンディングトーク



らくご@座・紀伊國屋ホール

会場 紀伊國屋ホール

2024.6.4(火)

一之輔・天どん ふたりがかりの会
10周年記念 むちゃぶリレーSP






古典落語のリレー企画
・・・ですが
前半から後半へバトンを渡す際
普通にではなくちょっと「無茶」な
バトンを渡したら、
果たしてそのあとの物語は
どうなってしまうのか???
   ◎
無茶ぶりのリレー、むちゃぶリレー!?
   ◎
自分だけではコントロールしきれないぶん
妙にハードルが高い創作チャレンジ
   ◎
<天どん→一之輔>による『子別れ』は
子が亀ちゃんひとりじゃなかったという
まさかの展開・・・
しかしその話に込められていたのは
亀ちゃんの二親への思い
一之輔版『子別れ』が見事に姿を現しました。

   ◎
<一之輔→天どん>による『芝浜』は
どこでバトンが渡るのかと思いきや
噺はなんとサゲまで進み・・・
そこから誰も見たことのなかった
『芝浜』の裏側、バックヤードが
なぜかタイムリープにハマった
時をかける大家さんの奮闘で明かされる
SFアドベンチャーへ。
天どん版『芝浜』(の真実!?)爆誕となりました。
   ◎
難企画で紀伊國屋ホールでネタおろし
ふたりがかりでプレッシャーをのりこえた
一夜でした。





〈番組〉

説明トーク  一之輔 天どん
子別れ 上  天どん
子別れ 下  一之輔
 仲入り     
芝浜  上  一之輔
芝浜  下  天どん
感想トーク  一之輔 天どん

三味線 松尾あさ



ざぶとん亭風流企画presents

会場 伝承ホール

2024.7.2(火)

一之輔の珍しきはご馳走なり 其の弐






めずらしやかな
アレンジの噺と
対談をたのしむ会
   ◎
ゲストに瀧川鯉昇師匠を迎えて
オープニングから
これぞ清く貧しくバカバカしくの
噺家ライフヒストリーで爆笑対談。
   ◎
当会で一之輔が満を持して披露したのは
2012年『一之輔の無茶ぶられ』で
『明烏』を大胆アレンジした一席。
   ◎
そのときは、
橘家文蔵(当時・文左衛門)と
桃月庵白酒という、
まさに『明烏』の源兵衛と太助のような
アニさんたちから愛ある「無茶ぶり」が振られ
噺のアレンジに挑戦。
かつてなかった新たな『明烏』が
舞い降りたのでした。
   ◎
それから12年ぶりの口演・・・・
落語家として全方位スペックを
高めてきた日々が噺を見事に洗練させ
時次郎と花魁が運命の糸で綾を成す
ファンタジーワールドに笑い泣きと
相成りました。





〈番組〉

オープニングアクト
対談     一之輔 鯉昇
夏泥     一之輔
千早ふる   鯉昇
 仲入り     
あやとり(明烏改作) 一之輔

三味線 千葉しん